2015.10.31

炭かへオープン!

P1210881

飛島から本土へ挑戦!

ついに、飛島から本土へ進出するときがやって来ました!

しまかへの姉妹店、その名も「炭かへ」が10月15日にオープンしました。場所は、酒田市中町の北前横丁という屋台村の中にあります。

 

P1210905

P1210917

 

この北前横丁では10店舗の飲食店が運営されることになっています。そのうち1店舗を私たち合同会社とびしまで出店することになりました。1店舗の席数は約8席ですが、外の広場や通路に机と椅子を出せばたくさんの人が座ることが出来ます。

 

P1210885

島のおいしいものを炭火で提供

私たちの店は「島の炭火焼きカフェ&バル 炭かへ」というのが正式名称です。飛島の海産物を炭火焼きで提供します。お客さんの目の前の囲炉裏で焼くので、待っている間もとても楽しいですよ。カフェ&バルという名前の通り、アイスやワインなどのメニューも豊富です。

北前横丁の詳細はコチラからどうぞ。ぜひ一度お越し下さい!お待ちしております。

 

P1210928

 

 

 



kaisha_logo kaisha_taikei
会社名 合同会社とびしま
代表社員本間 当
所在地〒998-0281 山形県酒田市飛島字勝浦乙132-19
連絡先TEL: 0234-96-3800 / FAX: 0234-95-2150
設立平成25年3月13日
資本金100万円
従業員7名
事業内容 0次産業(風景の保存・継承):資料館の運営、聞き書き・映像記録、書籍編集、環境保全など
1次産業(生産):農作業、水産業など
2次産業(加工):加工所の運営、商品開発、パッケージデザインなど
3次産業(流通・販売):飲食店の運営、土産店の運営、観光ツアー企画・運営、ガイドなど
その他:地域活性化事業及び地域維持管理に関する事業
運営サイト合同会社とびしま / 飛島総合情報サイトTOBISHIMA.INFO /
カフェスペースしまかへ / 島の駅とびしまWEBSHOP /
とびしま未来協議会facebookページ
kaisha_rinen
zigyo_logo title01 underbur

 私たちは島に雇用を創出するため、様々な取り組みを行っています。1〜3次産業までを総合的に行う6次産業化を目指しており、その基盤として用いているのが「0次産業」という言葉です。0次産業とは産業になり得る前の風景の保存・継承の活動を指しています。社員全員が島に生きるひとりとして、それぞれの個性を押し出しながら地域の力を活かせるよう取り組んでいます。

title01 underbur

聞き書き・撮影などの記録活動や除草・海岸清掃などの環境保全活動を行っています。

0_1

地域資料館の運営

0_2

聞き書き・映像記録

0_3

書籍編集

0_4

環境保全(除草・海岸清掃など)

title01 underbur

島の人と一体となり、直接指導を受けながら野菜の栽培や漁業のお手伝いをしています。

1_1

農作業

1-2

水産業

title01underbur

産物それぞれの特性を活かしながら、飛島らしいお土産品の生産に取り組んでいます。

2_1

加工所の運営

2_2

商品開発・パッケージデザイン

title01 underbur

地域食材にこだわったカフェや、島民ならではの目線を活かしたガイドを行っています。

3_1

飲食店の運営

3_2

土産店の運営

3_3

観光ツアー企画・運営

3_4

ガイド

title01 underbur

通行を妨げる樹木の伐採や、重機を用いた除雪作業を通して住みやすい環境を整えます。

etc_1

除雪・道路整備など


など
スタッフ募集
honma
honma_name

1981年飛島生まれ。魚ばかりに囲まれて育ったが、好きな食べ物は魚よりも肉。高校進学で飛島を離れ、その後、仙台で就職する。2011年の震災がきっかけとなり、家業の旅館を手伝うため飛島にUターン。しかし若者不足の飛島の将来が不安になり、島に若者の雇用を生み出すことを決意。2013年、合同会社とびしまを設立し代表社員を務める。子供の頃のような賑やかな飛島を目指して日々奮闘中。

underbur
ogawa
oagawa_name
archives_sec

1989年山形県東根市生まれ。東北芸術工科大学在学中より飛島に通い、民俗学的視点から島に関わる。2012年、大学卒業後に飛島に移住。2013年より合同会社とびしま所属。島の歴史・文化・暮らしに興味を持ち、畑や漁の手伝いを通して聞き書きや写真記録を行う。地域資料館ミューゼアム澗館長、飛島コンシェルジュを務める。今後の目標は「飛島の人々の生きた証を残すこと」。趣味は山菜採り、散歩。

underbur
watanabe
watanabe_name
public_relations

1984年飛島生まれ。潮風に吹かれ、魚介類を山ほど食べて育つ。高校進学のため本土(酒田市内)へ移住したが、大学在学時は様々な形で飛島と関わり続けた。大学卒業後は市内で就職。2010年、市内のNPO法人に所属し、業務により再び島に関わることになる。2012年、しまcafé(現:島のカフェスペースしまかへ)の開店スタッフを担当したことを機にUターン。2014年、合同会社とびしまに入社し、しまかへ店長を務める。

underbur
matsumoto
matsumoto_name
design_sec

1988年山口県の田舎生まれ。高校に入ってからようやくクラスというものを体験する。高校卒業後は都会に憧れて大阪の大学に入学し建築やデザインを学ぶ。就活の時期になってもその気になれず、今度は田舎に憧れて農山村に1カ月間滞在する。滞在中に田舎で活躍するデザイナーになることを決意。2012年、大学卒業後に縁もゆかりもない山形県の離島、飛島に移住。2014年、合同会社とびしまに入社しデザイナーを務める。

underbur
yanagisawa
yanagisawa_name
planning_sec

1989年東京生まれ東京育ち。大学在学中に、中越地震を経験した新潟県長岡市栃尾地区の人たちに出会い、地域活性化に興味を持つ。大学卒業後は山形県尾花沢市に協力隊として1年間派遣され、壮絶な雪国生活と大量のスイカ生活を経験。任期終了後、東京に戻るが山形で仕事がしたいという思いを捨てきれず、縁あって2015年より合同会社とびしまに入社。同じ山形とは思えない言葉の違いに苦労しながらも離島生活を満喫中。

underbur
miura_name
public_relations

1988年山形県遊佐町生まれ。山・川・海に恵まれて育ち、高校卒業後に上京し6年間を大都会で過ごす。上京中に専門学校に通い栄養士の免許を取得。卒業後は地元に戻り就職する。あるとき転職を考えていたところを「飛島で働かないか」と声をかけられる。島で活躍する若者たちを知り、自分も人の役に立ちたいと思い、2016年より合同会社とびしまに入社。資格・経験を活かして調理全般を担当する。趣味は食う、寝る。

underbur
masuda
archives_sec

1989年栃木県宇都宮市生まれ。それなりの都会で不便なく育つが、高校卒業後は森林を求めて山形大学へ入学する。大学では森林を活用した地域活性化について学ぶ。在学中に出会った庄内地方の環境に魅了され卒業後も住み続ける。気に入った土地は見つけたものの、気に入った仕事が見つからず定まらない生活が続く。2015年に飛島を訪れ、海・山・里が詰まった島の魅力を知り、2016年に合同会社とびしまに入社する。

お問い合わせはこちらから

underbur

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

確認画面は表示されません。入力内容の確認をお願いいたします。
 入力内容に間違いがないことを確認しました。

メールマガジン登録フォーム

underbur